--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'03.05.20:14

直木賞

前回書いた テロリストのパラソル』 直木賞受賞作ってことでちょっと直木賞のお話

直木賞の直木って誰?って人は意外と多いのでは?
確かに芥川賞の「芥川龍之介」、乱歩賞の「江戸川乱歩」なんかに比べると知名度が低いことは事実…
直木賞の元となった作家は 直木三十五
と名前を聞いたところでぴんと来ない人の方が多いですね…
直木は大衆文学作家で 「南国太平記」 等の作品は残しているものの今も読み続けられているベストセラーといった物はほとんど皆無
そんな人がなぜ今では権威ある賞の名前にもなってるかと言えば、その理由は 「真珠夫人」 でもお馴染みの作家・菊池寛 が原因
当時、文藝春秋社の社長だった菊池寛が直木の死後、彼を偲んで設立されたもの

名前の三十五は普通に「さんじゅうご」と読みます
これは当時、直木が雑誌に書いていた時のペンネームではじめは31歳だったので 「直木三十一」 からはじまり三十二、三十三と増え、結局のところは 「直木三十五」 で落ち着いたようです
ちなみに苗字の直木は本名・植田の「植」をばらしたものだとか

そういう自分もつい数年前まで直木三十五のことは名前程度しか知りませんでしたw
たまたまNHKのドキュメンタリーで特集をやっているのを見てやっとどういう人だったか知ったぐらい

2007年度の直木賞選考委員は最近何かと話題の 「愛の流刑地」 の 渡辺淳一
その他に 阿刀田高、五木寛之、井上ひさし、北方謙三、林真理子、平岩弓枝、宮城谷昌光 の計8名です

芥川賞と違ってエンターテイメント性を重視する直木賞は読みやすくて面白いものが多い
直木賞という名前に構えずに気楽に読んでみると結構いい作品に当たると思いますよ
個人的なお勧めとしては最近のものなら
第133回受賞の 朱川湊人 『花まんま』
第127回受賞の 乙川優三郎 『生きる』
第126回受賞の 山本一力 『あかね空』 辺りですね
スポンサーサイト
雑記トラックバック(1)  コメント(0)
2006'09.07.21:57

和の伝統色

(えび)色といえばどんな色を想像しますか?
茹でたエビのような赤系?それとも生の蝦の色?
大抵の人は蝦色知りませんよね
実際は蝦色は濃い赤紫か濃い赤茶のような色です →
蝦色のエビは海にいる甲殻類の蝦ではなくてエビカズラという葡萄科の植物からきているもの
こういった日本古来からの和色には一見しただけでは色の想像が付かないものが多数あって見てみるのもなかなかに面白いものです
和色大辞典

なぜいきなり蝦色の話かというと今現在 谷崎潤一郎「痴人の愛」 を読んでいて、その中に度々和色が出てきたため
この当時は蝦色や海老茶色なんかが女性の着物の流行だったようです
その他にも時代小説なんかを読んでいると 利休鼠浅葱竜胆 なんかも見かけることがしばしば

和色は現代でもよく使うものも多数あって、例えば
芥子色 鶯色 亜麻色 若草色 生成り色 等々…

そういえば、最近の書店の新刊コーナーでよく見かける 高村薫「照柿」
この 照柿 も和色の中の一つですよ

こういった和色の成分分析もあるのでやったことある人も多いかな
和色成分分析
ちなみに私は本名で分析したところ
国防色 鉄御納戸 桜鼠 錫色 若芽色 薄梅鼠 葡萄色 と聞きなれない色だらけ…しかも地味系な色ばかりでした…
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.06.22:24

帝王の切開?帝王が切開?

今日はどこもかしこも秋篠宮家男児出産のニュースでもちきり
街には号外も出て国を挙げてのお祝いムード一色でした
皇室全般にまったく興味のない私ですが出産が無事だったのは何より
なんでも帝王切開で出産したのは皇室でははじめてのことだとか

この帝王切開ですがなぜに帝王?と思った人も多いのでは?
実はこの語源は意外と間抜けなもの
元々「切る」という意味のラテン語 caesarea
これがドイツ語に訳される際にどういった手違いか caeser に誤植
caeser といえば、かの有名な ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)
カエサルといえば帝王・皇帝
だから帝王切開
といった冗談のような話が広辞苑にも載っていたそうですw

ただし、この説はどうやら真実じゃないらしく、後に広辞苑改編の際に変更されたとか
ここまで聞いて本当の由来を知りたくなった方は下記サイトに詳しく説明が載ってますので読んでみると面白いですよ
錬金屋の辞書 http://home.att.ne.jp/wind/alchemist/dict/sakuin.html#ta
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.20.23:37

ダンデライオン

関東は今日はなんだか一日微妙な天気でしたね
もう4月だというのに暖かかったり寒かったりで思いっきり体調を崩す有様…
今日は会社の横にある雑居ビルの軒下で ツバメ を発見
もちろん鳥のツバメですよ?(若い男を想像しないように)
まだヒナはいないようですが近いうちにピーピー鳴く姿が見られそう

春の植物といえばやはり タンポポ
漢字で書くと蒲公英
元々は中国語らしくホコウエイ・ボコウエイと読むのも間違いじゃないとか…タンポポと読めないのも当然のこと
日本名のタンポポの由来は、中が空洞上の茎の両端を細かく裂いて水に漬けると反り返って形が鼓(つづみ)に似てることから鼓の音「タンッ ポンッ」からとってタンポポになったとか…かなりの無理がある気がしますがw
タンポポは英語で ダンデライオン
有名な曲名にもなって知ってる人も多いことでしょう
じゃあなんでダンデライオン?
花がライオンに似てるからと思うのが普通
ですがそれは不正解w
元々はフランス語の 「dent de lion」 からきてるもの
直訳すれば 「ライオンの歯」
これは花じゃなくギザギザの葉っぱの形状を表しているそうです
そういえば小学生の頃あの葉っぱをよくウサギの餌にあげた記憶が…
早いところ春らしい気候に落ち着いてほしい今日この頃です
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.09.11:01

マメの木

遡ること9ヶ月、7月の暑い最中にブログに書いた、うちの豆の木(オーストラリアビーンズ)ですが立派に育ってます^^


幹の部分も緑から茶に変色、表面もガサガサと硬くなってまいりました
なんとなく少し木っぽい?
今まで大して植物に興味もなかったけどここまで育ってくれるとなかなか嬉しいもの
今さらながら、この植物のこと調べてみましょうかね…

オーストラリアビーンズ(ブラックビーンズ)
通称:ジャックの豆の木
豆科カスタノスペルマム属
原産国は名前のとおりオーストラリア
成長すると40メートルの巨木になるのかぁ ふむふむ…
え?40メートル?マンションのベランダで巨木になられても…(汗
きっと日本で育てる分にはそんなにならないんだということにしておこう…
お!できる豆は食用にもなるのか~♪
※ただし毒あり
ダメじゃん…(涙
育てる際の注意は…10℃以下はきついのか
そういえば、ここ数日寒かったけど外出しっぱなしで大丈夫だったんだろうか…
ん~よく見るとところどころ葉が茶色く変色してるような…
早く暖かくならないと枯れちゃいそうだなぁ

植物とは生き物を育てるってのは大変だ…
雑記トラックバック(1)  コメント(0)
 |TOPBack
Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。