--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'06.30.23:58

普通

帰宅後あまりに暇なのでチャットでもしようかと思い立ってヤ○ーチャットへ
とりあえず適当な部屋へ入室(タイトルは忘れたけどややアブノーマルな部屋)
うぉ…入った途端に知り合いの女性(Aさん)に見つかる…w(正直どんな人だったか忘れてたがw)
メインの会話を見つつ裏で久しぶりだねぇと挨拶がてら会話
「なんかこの人気持ち悪い…」
彼女が言うのは部屋にいた自称会社経営者(40代既婚)のR氏
ふむふむ…それでは注目して観察w
とにかくR氏はやたらとテンションが高い
しかも自分の気に入ってる女性の発言以外は一切無視w
こりゃ反感も買うわなぁと思いつつさらに観察
どうやら彼女ともう1人40代の人妻さんがお気に入りの模様でひたすら質問攻めにしてらっしゃいました
「どう?旦那さんとはしてるの?」
「どんな体位が好み?」
「縛られたことある?」
「外でしたりしないの?」
もはやテンション高いというより暴走w
「俺今までにほとんど色んなことしてるから何でも教えてあげられるよ」
とここで我慢できなくなったのかAさんが一言
「それぐらいのこと誰でもしたことあるでしょ?特に経験豊富でもないんじゃない?」
自信満々だったR氏の鼻をへし折るには充分だったらしくすごすごと退室されていきました
残された女性2人は
「ね~それぐらいのことは普通は誰だってしてるよね~」
「利休だってあるでしょ」
そりゃありますけどねw

今日の教訓
自分が普通だと思っていることが世間一般の普通だとは限らない
スポンサーサイト
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(4)
2005'06.29.23:40

知らぬが仏

仕事から帰ると大学時代の友達K太郎から電話が…
彼は大学卒業と同時に同じ大学時代の友達E子と結婚したのだが
何かあるごとに夫婦共々電話やらメールをしてくる
今日の用件は相談という形をとった自慢話(?)
どうやら同じ会社の新入社員の女の子と最近できはじめたらしくかなりのご満悦のご様子
こっちがほとんどいい加減な返事をしていてもお構いなしで聞いてもいないことを散々話したあげく、最後には来週のアリバイ工作までお願いし
「頼むから嫁には言わないでくれよなぁ」
えぇ K太郎安心してなさい もちろん嫁には黙っておきますとも
口の固さに関しては折り紙付き
なんせ君の嫁がバイト先の大学生の男の子とやりまくってることも黙ってるんだからw
何も夫婦揃って同じ人間に浮気の告白しなくてもねぇww
そもそも学生時代恋人同士だった頃にE子と俺が浮気をしていたことも気付かれていませんが
(おい

世の中知らない方がいいこともあるものです
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(2)
2005'06.28.21:58

豊富な人材

うちの会社には一癖も二癖もある人が多い
毎日笑いのネタには困らない社内である
本人はいたって真面目なつもりなんだろうけど…。

【今日の何気ない会話より①】
昼間休憩中にテレビを見ながらK課長が一言
アナウンサー 「兄弟の確執は強まるばかりです」
K課長  「あれだなぁ 若貴兄弟は磁石のS同士M同士みたいなものだな」
一同   「・・・・・・・。」

課長…それを言うならS極N極ですよ…
何と勘違いしたのかは推して知るべし…
   
(同じもの同士がうまくいかないという意味では間違ってないですがw)


【今日の何気ない会話より②】
40代の年齢にしては服装なんかのセンスもよく渋めのT部長
珈琲も会社で入れるものよりも小洒落てコーヒーショップでテイクアウトしたりするんですが、普段はスターバックス御用達なのだが今日に限ってタリーズ(TULLY'S)でお買い求め
会社に戻るなり一言

チュリーズもなかなかうまいよな♪

一昔前のアイドルグループかなんかかと思いましたよ…

実はさらに強烈な個性をお持ちの方もいらっしゃるのですが今日は残念なことに外出してて会うことがなかったのでまた次の機会にでも(きっとすぐにでも何かやらかすので)
こんな感じでとても人材豊富(?)な我が社です
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(2)
2005'06.27.21:39

転ばぬ先の杖か?

私の今のライフワーク(そんな大層なものでもないが…)といえば本を読むこと
他に大した趣味がないと言えばそれまでだがw
家から外出するときには本は欠かせません
真面目なものからくだらないものまで読む本は千差万別(というか節操が無い)
唯一読まないのは恋愛小説

今読んでいる本は
『この方法で生きのびろ! 旅先サバイバル篇 ジョシュア・ペイビン、デビッド・ボーゲニクト』
この本はとにかくくだらないw
旅先でのトラブル対処のマニュアル本だが、そのトラブルが半端じゃない
例えば、「屋上から屋上へ飛び移るとき」「地雷原に踏み込んだとき」「ピラニアがいる河川を渡るとき」

普通の人はそんな状況遭遇しませんから…

こんなことを真面目に図解とデータで対処法を紹介してます
その中でも一番すごいのが

「UFOに接近遭遇してしまったとき」

どれだけマイナス思考で旅行するんだ…
しかも対処法が

・パニックを起こさない。(まぁ…そうだろうね…)
・自分の思考をコントロールする。(心を読まれるかもしれないからだそうですw)
・言葉に出して抵抗する。(おそらく通じないかと…)
・心の中で抵抗する。(気の持ちようなのか?)
・物理的に抵抗する。(結局はこれかい!)

注意書きで「目があればそこを狙うこと、それ以外の弱点は知るすべもない」って、そりゃ宇宙人の弱点なんか知りようがないだろ…

その他にも多種多様のありえない状況下での対処法を教えてくれます
旅行先でのトラブルを心配する方は買ってみてはいかがでしょう?
トラックバック(0)  コメント(2)
2005'06.26.21:53

初心表明的なもの。

以前にやっていた日記が月記になり…そのまま終了してはや半年…
気分も新たに日記をはじめることに
きっかけは知人女性の某人気ブログを読んでブログも長く続ければ面白いことも多いなぁと実感したせいですが現実に続けていけるかどうかは甚だ疑問です(初日からかよ…
前回失敗した反省を生かして今回は何のテーマもなく徒然なるままに書き連ねてみようかと思っております
気分次第でコロコロ内容の変わる日記だが見に来てくれる人がいることを祈ろう…
未分類トラックバック(0)  コメント(2)
 |TOP
Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。