--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'02.28.03:47

鬼流殺生祭・妖奇切断譜

本日、貫井徳郎著 「鬼流殺生祭」「妖奇切断譜」読了

明治維新直後の東京を舞台としたシリーズもの
内容は本格ミステリーのような感じ
タイトルの雰囲気どおり中身は結構おどろおどろしい雰囲気

「鬼流殺生祭」



公家の三男坊九条惟親の友人の軍人が屋敷内で殺害され、九条は事件解決を依頼される
しかし、事件解明に至る手がかりすら掴めないばかりか、調査を進めるほど謎は深まっていく
困惑した九条は博識だが世間とは隔絶した生活を送る変人・朱芳慶尚に助力を求め事件を解決していく

「妖奇切断譜」



戊辰戦争直後の東京で「美女三十六歌仙」と銘打たれた錦絵が評判を呼んでいた
女達がバラバラにされ、稲荷神社で発見されるという事件が続発する
発見された女達が「美女三十六歌仙」に描かれていたことに着目した九条は調査に乗り出すが解明はおろか、犯行は尚も続いていた
そして、また朱芳の力を求めることに…

どちらの事件もやたらと生々しい惨劇
そして出てくる人物達がやたらと名前が面倒くさい
九条惟親(くじょうこれちか)、朱芳慶尚(すおうよしなお)とか…
つまらないとまではいかないものの、それほど面白いといった感じでもないかなぁ
何となく無理やり禍々しい雰囲気にしようとしている感があるのがちょっと…
どうせ貫井の本を読むなら「慟哭」や「プリズム」の方がお薦め
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(2)
2006'02.28.03:19

本日の一本

仕事から帰って会社の映画好きから借りたDVDを鑑賞

『ロスト・イン・トランスレーション』

監督:ソフィア・コッポラ
出演:ビル・マーレー、スカーレット・ヨハンソン

監督のソフィア・コッポラは言わずと知れたフランシス・コッポラの娘
コッポラ家と言えば超有名芸能一家
監督のフランシス・コッポラ(代表作は『ゴッド・ファーザー』)を筆頭に、その妹で女優のタリア・シャリア『ロッキー』のエイドリアン)、甥で俳優のニコラス・ケイジ
そして娘の監督・女優のソフィア・コッポラと有名人だらけ
名前は忘れたけどタリア・シャリアの息子も有名俳優だったはず(忘れたけど…)

この映画はそんなソフィア・コッポラの第2作目
中年俳優と若い人妻の一時の恋愛物語でした

全編舞台は東京
CM撮影のために来日していたハリウッド俳優ボブ(ビル・マーレー)と夫の仕事の関係で滞在中のシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)
時差ぼけや慣れない環境、意思疎通のできない仕事で疲れるボブと写真家の夫にかまってもらえずホテルの部屋で不安と寂しさを抱えるシャーロット
孤独を抱える2人はホテルのバーで出会い、次第に心を通わせていく
そしてボブの帰国の日が訪れ別れのときが…
といった内容

全体的に盛り上がる内容じゃないためか少し地味に見えないこともないがなかなか面白かった
東京を舞台にしているものの無理に日本らしさがアピールされてなかったところがよかったかな
万人に好まれる映画じゃないかもしれないけど…
レンタル屋に行って特に見たいものがないときに借りるにはいい一本でした
映画トラックバック(0)  コメント(0)
2006'02.27.00:17

何も起こらない日

今日は朝から雨ときどき大雨
しかも寒かった…
こんな日は外に出ないでのんびりまったり家で過ごすのが一番
そんなわけで今日は一日な~んにも起きない日でした

この間録画しておいた「鬼平犯科帳」を見て(渋っ)
音楽聴きながら本を読んで
ごろごろごろごろごろ…
気付いたらもうこの時間
なんて幸せな一日なんだ…明日から仕事さえなければねぇ…
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(0)
2006'02.26.22:24

無駄遣い

つい先日久々にマクドナルドのテイクアウトを食べたときのこと
袋を開けて包みを出してみると次から次へと紙ナプキンがやたらと出てくる
何もこんな入れなくても…
ポケットティッシュ分ぐらい入ってるんじゃないか?っていうぐらいの量はいってました
こんなに拭くものが必要になるほどこぼさねぇよぉ…
思ったことトラックバック(0)  コメント(0)
2006'02.24.00:48

久々自分の部屋で酒飲んでます
Bombay Sapphire(ボンベイサファイア http://www.bombaysapphire.jp/)をロックにライム…ってそんなもんないので代わりにレモンを代用
つまみはSNYDER'SのCheddarCheeseでOK
ん~今日も一日お疲れ様でした

たまには邦楽でも聴くかなぁ…と思って選んだのは

Def Tech 「Def Tech」

m-flo 「BEAT SPACE NINE」

の2枚
いい具合によって眠れそう・・・
それでは皆さんおやすみなさい
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(0)
2006'02.23.23:46

聖域

本日、篠田節子著 「聖域」読了


「カノン」「贋作師」に続いて篠田節子は3冊目
どの作品も基本的な作りはあんまり変わらないかも
「カノン」は音楽、「贋作師」は絵画、そしてこの「聖域」は小説がキー
大まかなあらすじは編集者の実藤がある日配属された文芸部で無断欠勤を続ける社員・篠原の荷物を整理している最中に未完の小説原稿「聖域」を見つける
作者は水名川泉、聞いたこともない作者だったが原稿を読んだ実藤は内容に魅せられる
しかし、水名川泉は失踪していて本人に会うことはできない
何とか完成をさせたい実藤は辞めた篠原の元を訪ねるが篠原は何かを隠すように相手にしない
それでも諦め切れない実藤は独自に水名川泉について調べることになる
そんな最中、思いを寄せていた女性フリージャーナリストがチベットで行方不明になり遺体で発見される
そして、篠原も謎の自殺を遂げる
実藤は水名川泉を捜し求めて「聖域」の舞台である東北へ旅立つ…

大きな落ちが待っているといった展開ではなかったがそれなりに面白かったかな
ただ、「カノン」「贋作師」よりも先に読んだ方が楽しめるかなぁ
途中から宗教色が強く出てくるので苦手な人は避けたほうがいいかも
個人的には「カノン」が一番面白かったような気がする
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'02.22.23:39

食の道

ここ一週間ばかりやたらと喉と食道が痛い…
はじめは喉が痛くていつもの扁桃腺か?と思いきや発熱もなく段々と痛みは食道寄りに…
今は完全に喉仏の下辺りが痛くて飯食うのもしんどい有様
もしや…食道癌?
それだったら手術して声でなくなるよりいっそのこと…って思うのは実際そうなってないからか
本当にそうだった場合そこまで潔く割り切れるもんでもないだろうねぇ
まだこの年で死にたくもないし
多分ただの炎症だろうし暫く様子を見ることにいたしましょう
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(0)
2006'02.21.23:36

離婚

「離婚決定 詳細はあとで報告する」
仕事中にこんなメールは貰いたくないものです…
今日の昼頃に女友達から突然の離婚報告メール
彼女は確か2つ年上の29歳で旦那はそれより2つか3つ上だったはず
以前から彼女に年下の不倫相手がいたのは知ってたけどまさか離婚するとはねぇ…
旦那は一流商社のエリートでマイホームも既にローン完済って言ってたし
生活の豊かさで判断するわけではないけどなかなかない好条件だったのにねぇ
最近は熟年離婚も流行ってるって言うし結婚してる方々(特に旦那さん方)くれぐれもご用心を…
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(0)
2006'02.19.20:49

週末映画

先日コメントに話題が出てたからってわけでもないですが東野圭吾原作の

『レイクサイドマーダーケース』

見てみました(原題:「レイクサイド」)
名門中学へのお受験を控えた3組の家族が湖畔の別荘で塾講師を迎えて合宿中に殺人事件を引き起こすといった内容

役所広司・薬師丸ひろ子夫妻と娘(娘は薬師丸ひろ子の連れ子)
柄本明・黒田福美夫妻と息子
鶴見辰吾・杉田かおる夫妻と息子
塾講師の豊川悦司
役所広司の不倫相手の眞野裕子
といったキャスティング

並木俊介(役所広司)が合宿に遅れて参加したところ別荘に訪ねてきたのが不倫相手の英里子(眞野裕子)
その場をどうにか誤魔化すが英里子は俊介に夜に抜け出して会いにこいと迫る
何とか言い訳を作り車で外出した俊介だったが待ち合わせの時間を過ぎても英里子がこないために別荘へ戻ることにする
そして別荘に戻ると英里子の死体が…
妻・美菜子が殺したと告白したために俊介は自首を迫るが受験を控えているところでスキャンダルは困ると他の夫婦に反対され死体を湖に捨て事件をなかったように隠蔽工作することになる

全体的に面白かったが死体を処理する柄本明が異常に冷静で怖いw
医者という設定だからなのかもしれないけど…それにしても淡々と作業を続けてる様は怖かった
最後の落ちは途中からある程度想像できたのでそれ程のインパクトはなかったかな
まぁ登場人物の少なさからいってこれ以上意外な結末っていうのを求めることが無理かも
途中にお受験に対する議論みたいなのがあって社会性を組み込もうとする意図があったのがちょっと鬱陶しかった…
豪華な2時間サスペンス気分で見れば良し
映画トラックバック(0)  コメント(0)
2006'02.18.00:56

ノット・ストーニング

いつの間にやらはじまっていた冬季トリノオリンピック
わかっていたこととはいえ、予想通りどころか予想以上の盛り上がらなさ
勝手に期待しておいてメダル獲れないと期待外れなんて言われて選手もいい迷惑だろうに…
大体日本の場合、ウィンタースポーツ本格的にやってる人口が少なすぎるのに盛り上がろうってのが無理があるのではなかろうか

会社でもちょろちょろとオリンピックの話題が上るもののそれ程の盛り上がりも見せてなかったが今日は違った意味で盛り上がりが…
氷上のチェス』ことカーリングの話題になったとき、うちの先輩がふと思いついたように言い出したのが

「ボーリングはボール投げるからボーリングなのになんでカーリングはストーニングじゃないんだ?」

いや…ボーリングじゃなくてボウリングですから…(BallingじゃなくてBowling)
ちなみにカーリングの由来はストーンがすべる際にカールするからだそうですよ
スポーツトラックバック(0)  コメント(0)
2006'02.17.00:22

いたりあーん

どうでもいいことなんですが、最近ちょっと髭が濃くなったような…
と言っても元々薄い方だからやっと人並みって感じですけどね(30前にしてやっと…)
つい先日、休日に髭を剃らずに鏡を見るとなんと自分の顔にイタリア髭が!(勝手にイタリア髭と命名)


もしかして髭伸ばしたら口髭とあご髭つながるかな…(ちなみに自画像じゃないですよw)

イタリアつながりでもう一ネタ
今日の職場での課長の一言
昼食を済ませ戻ってきた課長は
「今日はオリンピックにちなんでトリノの名産食ってきちゃったよ~
鶏の(トリノ)唐揚げなんてね~♪」
会心の笑みで言われてもねぇ…
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(2)
2006'02.13.23:59

懐かしテレビ

昼休みの休憩中にテレビを見ているとなんとも懐かしい番組が…それは…
特攻野郎Aチーム
利休が小学生当時、海外ドラマと言えば「特攻野郎Aチーム」か「ナイトライダー」でしたねぇ(どっちも古っ…)
正直ストーリーはあんまり覚えてない…
ベトナム帰還兵の集まりがトラブル解決するとかそんな程度の曖昧な記憶しかない…出てくるキャラクターが濃すぎるせいかな(タイトルも)
それにしてもタイトルを和訳した人のネーミングセンスはすごい
特攻野郎って…w
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2006'02.12.19:53

神の手

パトリシア・コーンウェルの新刊が発売されていたので思わず購入
このシリーズももう14シリーズ目(18巻)

 


さすがに長く続きすぎたせいか最近はあまり面白味も薄れて惰性で続いてる感が…
それでも読み始めちゃった以上は最後まで読まないとねぇ
今回は「神の手(Hand of God)」と名乗る犯人の話
毎度のことながら主人公ケイと姪のルーシーが巻き込まれます
この作者は元検死官ということもあって専門用語やら生々しい描写なんかがやたらと出てくる(心臓の弱い方には向きません)
男社会の中で有能な女性が妬まれ疎まれる様子なんかはおそらく自分の経験からくるものなんだろうなぁ…随所に出てくるし
もうそろそろ最終巻にしてほしいとちょっと願ってみたりw
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'02.08.22:41

Restart

年明け早々にモニターが壊れるやら、仕事が忙しいやら、パスワード忘れて管理画面は入れないやらで更新滞りまくって気がつけば1ヶ月以上ぶりの更新(しかも2006年になってまだ2回目)
気持ちも新たにここから再スタート!…といっても内容はまったく変わりませんけどねぇ
ということで本日はこれまで
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。