--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'04.26.23:58

パイロットフィッシュ

大崎善生『パイロットフィッシュ』 読了


2004年発行の吉川英治文学新人賞受賞作
大崎善生の本を読むのは 「アジアンタムブルー」 に続いて2冊目
「アジアンタムブルー」が恋愛小説だったのに対してこちらは青春小説の色合いが濃い一冊
アダルト雑誌の編集者・山崎の元にかかってきた電話はかつての恋人で由希子から19年振りにかかってきたものだった
一度巡りあった人と二度と別れることはできない
深く澄んだ記憶の湖の底から浮かび上がる人たち…事故で亡くなったマスター、上司の沢井、仕事で知り合った風俗嬢、元恋人・由希子…
人との出会いや別れを大崎善生ならではの文体で綴った物語

たまたま順番が前後して 「アジアンタムブルー」 の方を先に読んだけど結果的にはそれが正解
2冊は主人公が同一の別の物語だが、どちらにもアジアンタムの樹が印象的に出てくる
タイトルにもなっているパイロットフィッシュは魚の種類ではなく、熱帯魚の水槽を最初に用意する際にバクテリア等を調整するためにはじめに水槽内に放つ魚のこと
本来飼育する魚とは別のもので水槽内の環境が整えば処理されてしまう
日本でいえば当て馬や咬ませ犬のようなもの(?)
この人の文章・文体は独特で、透明感があって綺麗なのが特徴
ところどころに出る比喩もわかりやすく的を得ていて村上○樹とは大違い
ミステリーやサスペンスものに飽きたときに読むと新鮮でいいと思う
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.26.00:21

静と動

最近気に入ってよく聴いてるのが MXPX


アメリカのパンク系バンドで Magnified Plaid を略して MXPX だとか(略しすぎだろ…)
洋楽を聴かない人にはまったく馴染みのないバンド名かもしれないが曲は一度ぐらいは聞いたことがあるはず
アルバム 『TEN YEARS AND RUNNING』 に収録されている 「THE BROKEN BONES」 という曲が 日産X-trail のCM曲で使われてたから思い出す人もいるはず(スキーやスノボーで無茶するCM)
思い出せない人は 日産X-trail公式HP で見れるのでどうぞ
この手のおバカで若さと勢いだけはやたらある弾けちゃってるバンドは高校時代に GreenDay を聞いてたせいか懐かしさもあってお薦め


もう一枚気に入ってるのが Keali'i Reichel


ケアリィ・レイシェル はネイティブ・ハワイアンで母国語で伝統的なハワイアンだけでなく英語のポップスと融合させて大ヒットさせたハワイの有名歌手
見た目は見るからにネイティブ・ハワイアンって感じのいかついおっさんです
公式HP はこちら
アルバム 『Kamahiwa The Keali'i Reichel Collection』 に収録されている 「Ka Nohana Pili Kai」BEGIN夏川りみ が歌った 「涙そうそう」 のカバーで以前 au のCMでも使われてました
騒がしい MXPX とは違ってしっとりした曲でハワイアンやフラが好きな人にはかなりお薦め
音楽トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.25.23:18

泣き笑い上戸

帰りの満員電車の中で号泣する若い女の子を目撃
何があったのかは知りませんが何もこんな満員の電車の中で号泣しなくても…
隣にいた友人らしき子も満員で身動きできず慰めることすらできない様子
あぁあ…黒い涙流しちゃってるよ…鼻水出ちゃってるし…
そのまま20分ぐらい経過すると明らかに彼女に異変が…
うわっ…笑ってるよ…なんかこわっ!
多分酔っ払って壊れちゃってるんだろうけど黒い涙流しながら笑ってる様子は尋常じゃないw
友人もどうしていいかわからず申し訳なさそうな顔で俯きっぱなし
泣き上戸なんだか笑い上戸何だかどっちかはっきりすりゃいいのにw
みんなの視線を独占しつつ彼女は途中の駅で友人に抱えられるようにして降りて行きました(めでたしめでたし)
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.25.00:42

ダーク

山手線の線路が変形してほぼ半日運行中止
仕事で都内を電車で動き回る者にはかなり致命的なダメージ…
午前中に停止してから結局は夕方の5時頃まで復旧せず、普段なら楽々行ける所もわざわざ他の電車を乗り継いで移動するハメに…
許すまじ!JR東日本!
ってことで愚痴ですw
電車は運行中止するし、帰りは雨に降られるしで若干不機嫌でしたが風呂あがりのビールでなんとか機嫌も持ち直しました(単純w

桐野夏生『ダーク(上・下)』 読了

  


2006年発行 女探偵村野ミロシリーズの最新刊
「40歳になったら死のうと思っている。」
ミロの秘められた思いからはじまる物語
成瀬(1作目に登場)が獄中で自殺、出所を待ち続けていたミロがそれを知ったのは自殺から4年経ったときだった
自殺のことを隠していたのはミロの義父・善三
そのことを知ったミロは狂乱し、北海道に蟄居して盲目の内妻と静かな生活を送っている善三の元へと向かう
義父・善三を殺し逃亡するミロを盲目の内妻、善三のかつての仕事仲間だった老ヤクザ、そして以前隣人だったホモのマスターが執拗に追い続ける(ココまでが上巻)
追っ手から逃れるためミロは偽造パスポートと「朴美愛」という名を手にし、韓国へと渡る
そしてパスポートを調達した韓国人と愛人契約をし、偽造ブランド品を売り捌くことになる
やがて追っ手に見つかるが愛人の韓国人が身代わりに撃たれ半身不随に…ミロは彼への愛から復習を決意する…

正直きびしい内容…このストーリーなら何もミロシリーズでやる必要はなかったんじゃ…
今までに出てきたミロ、ホモのマスター・トモ、義父・善三のキャラクターが急に変わりすぎていてなんだか違和感が強い
殺人、レイプ、覚醒剤、偽造など派手な展開が目立つがちょっとやりすぎ?
今まで新宿が舞台だったのに今回に限ってほとんど出てこないと思ったら下巻の舞台は韓国…スケールが大きくなったのかいい加減になったのか微妙なところ…
内容からしておそらくこれでシリーズ完結だと思うがなんともすっきりしない結末
できれば2作目で終わりにしておいた方がよかったかなぁ…
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.24.00:45

脱力

折角の週末だっていうのに原因不明の体調不良に悩まされ家からほとんど出れず終い…
日に日に体が弱っていってるようなw
家に一日篭ってると特にすることもなく、ダラダラと本を読みながら音楽を聴くぐらい
今日も一冊本を読み終わったものの書く気になれないので後日まとめて載せることとします
なんとなく Def Teck の気分だったから一日のほとんど Def Tech かけてました
明日はもう少しまともに文章もかけるかな…
とりあえず今日はおやすみなさい…
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.21.00:03

陰の季節

横山秀夫『陰の季節』 読了


2001年発行の短編集 松本清張賞受賞作
D県警シリーズ第1弾
普通の警察をテーマにした小説と違ってこのシリーズは捜査側ではなく人事や監査側が主役
表舞台に出る捜査側とは一風違った観点から事件を追う形は斬新で面白い
横山秀夫といえば映画にもなった 「半落ち」 が有名
内容はどれも硬派で渋い感じではじめに読むのにとっつきにくい感じはあるが読んでみるとどれも秀逸
このシリーズは以前にドラマ化もしていてそっちも面白かった
主役のエリート警視・二渡真治役に 上川隆也
原作のキャラクターとイメージがかなり近くてドラマが先かと思うほどの出来
2時間ミステリードラマとは違った雰囲気でこの先またドラマ化されたときには必見です
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.20.23:37

ダンデライオン

関東は今日はなんだか一日微妙な天気でしたね
もう4月だというのに暖かかったり寒かったりで思いっきり体調を崩す有様…
今日は会社の横にある雑居ビルの軒下で ツバメ を発見
もちろん鳥のツバメですよ?(若い男を想像しないように)
まだヒナはいないようですが近いうちにピーピー鳴く姿が見られそう

春の植物といえばやはり タンポポ
漢字で書くと蒲公英
元々は中国語らしくホコウエイ・ボコウエイと読むのも間違いじゃないとか…タンポポと読めないのも当然のこと
日本名のタンポポの由来は、中が空洞上の茎の両端を細かく裂いて水に漬けると反り返って形が鼓(つづみ)に似てることから鼓の音「タンッ ポンッ」からとってタンポポになったとか…かなりの無理がある気がしますがw
タンポポは英語で ダンデライオン
有名な曲名にもなって知ってる人も多いことでしょう
じゃあなんでダンデライオン?
花がライオンに似てるからと思うのが普通
ですがそれは不正解w
元々はフランス語の 「dent de lion」 からきてるもの
直訳すれば 「ライオンの歯」
これは花じゃなくギザギザの葉っぱの形状を表しているそうです
そういえば小学生の頃あの葉っぱをよくウサギの餌にあげた記憶が…
早いところ春らしい気候に落ち着いてほしい今日この頃です
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.20.23:07

リニューアル

久々にテンプレート変更してみました
前のやつはフォントが小さくて見辛かったので今回は多少大きめのやつに変更
基本は前回同様モノトーンのにしてみました
右上の時計は Clock Link.com から借りてきて設置
リンクも数件追加
我ながらなかなかの出来映え(借りてきたテンプレのまんまですが)
そのうちまた気分次第で新しいのに変えると思いますが今のところはこれで満足
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.19.01:29

天使に見捨てられた夜

桐野夏生『天使に見捨てられた夜』 読了


1997年発行のハードボイルド・ミステリー

女性探偵村野ミロシリーズの第2弾
ミロの元に持ち込まれた1本のビデオ
内容は若い女性がレイプされるアダルトビデオだった
ビデオを持ち込んだ渡辺房江はミロの父・善三の親友の弁護士・多和田の友人だった
房江はこのビデオが演技ではなく本当のレイプだと主張し、その疑惑を解明するために出演している女性・一色リナを探して欲しいとミロに依頼する
ミロは隣人のゲイバーのマスター・トモと一緒に調査を開始
調査するにつれてリナの暗い過去やビデオ撮影の背景が明らかになっていき事件が発生する…

第2弾ということでミロの人物像も少しずつ明らかになってきてます
人付き合いの不器用な夫に自殺された未亡人
「顔に降りかかる雨」 では会社を退社後、引退して北海道に篭った父の持ち物である新宿の自宅兼事務所のマンションに住む無職という肩書きだったが今作より探偵として働いてます
ミステリーものにつきものの捜査を手伝うパートナーには隣人のホモのトモが登場
ストーリーは前回同様新宿歌舞伎町を舞台にアンダーグラウンドな世界が展開されます
個人的には1作目よりもこっちの方が断然お勧め
内容はドロドロしてますが緊迫感や緻密さで第1弾を上回ってると思いますよ
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.17.23:02

顔に降りかかる雨

桐野夏生『顔に降りかかる雨』 読了


1996年発行のハードボイルド・ミステリー 第39回江戸川乱歩賞受賞作

新宿の女性探偵村野ミロシリーズの第一作目
ミロの学生時代からの親友でノンフィクションライターの宇佐川耀子がある日突然、その恋人で暴力団とも交流のある外車ディーラー成瀬時男の一億円を持って失踪する
金の行方を探るため成瀬と暴力団は耀子が最後に連絡をとったミロを共犯と疑う
ミロはその容疑を晴らし耀子を見つけ出すために成瀬とともに探し始める…しかし事件は思いがけない方向へと動き出す…

今日からしばらく何冊かは桐野夏生の女探偵ミロシリーズのレビューです(まとめ買いしたからw)
桐野夏生と言えば映画化もされた 「OUT」 や、少し前に発行された 「柔らかい頬」 なんかが有名
このシリーズは女流ハードボイルド小説ということで終始主人公メロは孤独で孤高なキャラとして描かれてます
ちょっと違うけど 大沢在昌の 「新宿鮫」 の女性版といったところか…
新宿歌舞伎町を舞台としてるせいか比較的親しみやすく情景が浮かびやすい
風俗・暴力団・犯罪とハードボイルド小説には欠かせない(?)アンダーグラウンドなテーマ満載です
ハードボイルド小説好きにはどうかわかりませんがミステリー好きには楽しめるかな
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.17.00:36

荻原浩『噂』 読了


2006年発行のサイコ・ミステリー
作者の荻原浩は2005年に 「明日の記憶」 で山本周五郎賞受賞

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」
渋谷を拠点に街に流れる都市伝説
実際には新ブランド・ミリエルの香水を売り出すために広告会社がモニターの女子高生に流した噂だった
噂は噂を呼びミリエルは順調に販売数を増やしていた
しかし、実際に少女が足首を切られ惨殺される事件が発生する

主役となるのは事件を追う刑事2人
女房と死別し娘を男手1つで育てる叩き上げの刑事と旦那を亡くしシングルマザーとして息子を育てるキャリア女刑事のコンビ
作られた都市伝説から殺人事件が起きるというストーリーは面白かった^^
犯人を追いつめ明らかにしていく部分に多少の物足りなさがあるなと思っていたら、宣伝文句にもある「衝撃のラスト一行に瞠目!」のとおり最後に意外な落ちがあって良
結構お勧めの一冊
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.13.01:26

リアルワールド

桐野夏生『リアルワールド』 読了


今年文庫化された新刊
少年犯罪をテーマに母親を殺害した少年と4人の女子高生を描く物語
4人の女子高生と少年の視点を切り替えながら物語りは進行していく
ホリニンナこと山中十四子とその友人、テラウチ・ユウザン・キラリンは仲のいいグループとして学生生活を送っていた
そんな夏休みの或る日、十四子の隣家の少年が母親を殺害して逃走する事件が発生
少年は十四子の自転車を盗むが、その籠の中には十四子の携帯があった
携帯を通じて連絡をとることになる少年と少女4人
そして事件は終結へ…

ミステリーではないので事件に意外な真相があったりはしません
主題はおそらく思春期の少年少女の心・悩みを描いたもの
出てくる登場人物もそれぞれに色々抱えている
十四子は比較的真面目に物事を考える少女 大人や世間に騙され利用されないようホリニンナという仮の名で精一杯の武装をして生きている
テラウチは周りからクールと言われる少女 他人に自分の考えを悟られないようにわざといい加減な態度をとっている
ユウザンは男らしい態度と口調で話す少女 自分が同性愛であることに悩むがネットで知り合った同じ境遇の子にしか相談できず悩んでいる
キラリンは見た目が清楚で可愛らしい少女 しかし実際はグループの中で一番遊んでいる 以前恋人に騙されたことで傷つきホモの友人にしか本音で話せない
母親を殺害した少年ミミズはエリート高校に通う少年 過保護な母親の元で育ちエリート高校に入るが挫折 過剰な母親の期待と愛情にいらだち憎悪を膨らましていた

リアル感のためなのか全員名前は終始あだ名で呼ばれています
正直な感想としてはありがちな少年犯罪ストーリーといったところ
おそらくリアルな犯罪とリアルな少年少女の心を描いているんだろうが実際のところどこまでこの年頃の子供の気持ちを掴めてるいるのかが疑問…ところどころ自分が高校生ぐらいのときのことを考えると共感できる部分もあったが…
犯罪としては最近リアルで起こりうるものだが、ほぼ面識のない者同士が携帯を通じて連絡を取り合っていくというのはリアルからは多少かけ離れてる感はあった

最近の少年犯罪など時事性があるので読んでみるのもいいかも
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.10.23:16

煙草

今日は会社の人に一寸変わった煙草を頂戴しました
銘柄はマルボロ
なんだ普通じゃないと思われるでしょうがパッケージがだいぶ違うんです
下の写真を見てわかるとおり全体がシルバーメタル
どうやら SpecialEdition らしく限定ものらしい


このマルボロが違うところは色だけにあらず
なんと開け方が今までの煙草とは大違い


なんと横に開くんです
なんだそんなことかと思うことなかれw
このふた実は簡単なストッパーがついててポケットなんかに入れておいても簡単には開かないから葉っぱが飛び散らないという優れもの
自販機で売ってるのを見たことはないけど多分店頭なんかでは販売されている模様
値段はもちろんいつもどおりなので買ってみるべし
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.09.11:31

アジアンタムブルー

大崎善生『アジアンタムブルー』 読了


2005年発行の恋愛小説
今回は苦手というよりもアレルギーに近い恋愛小説読んでみました
理由は古本屋で100円だったのと表カバーの写真が綺麗だったからw
タイトルの 「アジアンタムブルー」 は表写真にも載ってるアジアンタムというシダ系の植物からとったものらしく、この植物は小説内でも度々登場します
ストーリーとしては恋人・葉子を癌で亡くした主人公・山崎の喪失感や虚無感、そして学生時代の記憶をフラッシュバックしながら葉子への想いを綴っていくといった感じ

結論から言えば思ったほどの拒絶反応は出なかったかな
ありがちな安っぽい愛を語る内容じゃなかったことと、あまりお涙頂戴的文章じゃなかったのがよかったのかも
といってもそれほどよかったな~といった実感まではなかったですけどね
ストーリーはそれほど複雑じゃなく、もったいつけた言い回しも少なくてさらりと入ってくる文章は好感を持つ人は多いのかも

作者の大崎善生は1957年生まれで2000年デビューの若干遅咲きの作家さん
この本を書いたときは48歳ぐらいか…
そのせいか落ち着いた雰囲気だったのかな
過剰な表現や言葉を省いた恋愛物ならそれなりに読めると教わった一冊でした
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.09.11:01

マメの木

遡ること9ヶ月、7月の暑い最中にブログに書いた、うちの豆の木(オーストラリアビーンズ)ですが立派に育ってます^^


幹の部分も緑から茶に変色、表面もガサガサと硬くなってまいりました
なんとなく少し木っぽい?
今まで大して植物に興味もなかったけどここまで育ってくれるとなかなか嬉しいもの
今さらながら、この植物のこと調べてみましょうかね…

オーストラリアビーンズ(ブラックビーンズ)
通称:ジャックの豆の木
豆科カスタノスペルマム属
原産国は名前のとおりオーストラリア
成長すると40メートルの巨木になるのかぁ ふむふむ…
え?40メートル?マンションのベランダで巨木になられても…(汗
きっと日本で育てる分にはそんなにならないんだということにしておこう…
お!できる豆は食用にもなるのか~♪
※ただし毒あり
ダメじゃん…(涙
育てる際の注意は…10℃以下はきついのか
そういえば、ここ数日寒かったけど外出しっぱなしで大丈夫だったんだろうか…
ん~よく見るとところどころ葉が茶色く変色してるような…
早く暖かくならないと枯れちゃいそうだなぁ

植物とは生き物を育てるってのは大変だ…
雑記トラックバック(1)  コメント(0)
2006'04.08.00:19

美神解体

篠田節子『美神解体』 読了

1995年発行のサイコ・ホラー

容姿に自信がなく学生時代のトラウマから整形美容で新しい顔を手に入れた麗子
その美しすぎる容貌は他人に畏怖すら感じさせるほどだった
ピアニストとして生活していた麗子は或る日人気商業デザイナー・平田一向に出会う
不思議な翳りと苦脳を身に纏う平田に麗子は強く惹かれていく
だが、八ヶ岳にある平田の山荘を訪れた彼女が、その地下室で見たものとは…

篠田節子は今まで何冊か読んでるけど今回のが一番面白くなかったなぁ
角川ホラー文庫だったせいかホラー色が強すぎてちょっと安っぽい雰囲気…
純粋にホラー好きな人にはいいかも
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'04.07.00:49

4月になったっていうのに毎日毎日寒い
しかも明日からはまた寒くなるそうで…
気温はともかく強風が辛い
年中電車は遅れるし夜になったら激寒いし…
おかげで折角咲いた桜もこの間の雨と強風で散り気味
そんな桜の季節らしい曲の紹介

ここ数年は桜の曲の当たり年(?)
森山直太郎「さくら(独唱)」
川口恭吾 「桜」
ケツメイシ 「さくら」
コブクロ 「桜」
いきものがかり 「SAKURA」

と表記は違うもののヒット曲の多い季節

そんな中でも個人的に思い出深い曲は
渡辺美里 「さくらの咲く頃に」
多分アルバムかなんかに入ってた曲だったような気が…
学生のときに聴いたせいか色々思い出とダブって印象的
皆さんの桜の思い出の曲はなんでしょう?
音楽トラックバック(0)  コメント(2)
2006'04.06.00:52

暗いところで待ち合わせ

乙一著 『暗いところで待ち合わせ』 読了


2002年発行の書き下ろし小説
視力をなくし、独り静かに暮らすミチルと職場の人間関係に悩むアキヒロ
駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせる
犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅にうずくまる生活をはじめる
他人の気配に怯えるミチルは、身を守るため、知らない振りをしようと決める
そんな奇妙な同棲生活が始まった

一風変わった雰囲気のミステリー
登場人物が極端に少なく設定もミチルの家とその周辺のみなのでかなり読みやすい
作者の乙一は私と同い年とのこと…
あとがきに書いてあったことだが 「死にぞこないの青」 を執筆中に織り込もうとしていたアイデアを独立させて一冊にしたのがこのストーリーだとか
「死にぞこないの青」 も合わせて読んでみては如何?
トラックバック(1)  コメント(0)
2006'04.01.00:43

携帯

よく電車の中で化粧直してる女の子見かけますよね
それについてあーだこーだ言うつもりはまったくないですが今日はそれを遥かに上回るツワモノを目撃
結構空いていた車内で向かいに座っていた20代ぐらいと思われる女性は鏡を見つつ化粧直し
とそこまでは至って普通の光景でしたが次の瞬間我が目を疑うようなことが…
なんとおもむろにバッグから携帯用らしきドライヤーを出し縦ロールにし始めたじゃありませんか
まさか電車内でドライヤーとは…
そんなもんの携帯用品まであるのねぇ…
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。