--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'10.31.23:52

Gift

ここ最近読んだ本の紹介

『Gift』 飯田譲治・梓河人

大分前にドラマ化もされたお話
記憶を無くしてマンションのクローゼットから発見された男が主人公
たしかドラマでは木村拓哉が演じてました
記憶喪失の主人公・早坂由紀夫(記憶喪失だから仮名)は51億円を横領して逃亡した事件に巻き込まれる
由紀夫は横領した官僚・岸和田の共犯で愛人だった腰越奈緒美、胡散臭い占い師・ジュリエット星川、岸和田を追う女刑事・朔原令子に面倒を見てもらうことになるが記憶は戻らず足が早いことだけしかわからない
何をさせてもまったくやる気もないが、唯一物を届けることに執着を見せたために自転車でのメッセンジャーをはじめる

ドラマ放送のときにはちょっとしたトラブルがあったらしい
由紀夫の過去のシーンで、記憶を失う前は手の付けられない危ない男だったという設定でバタフライナイフをチラつかせるシーンが多くあったためマネをする子供が増えたらしく色々なところから苦情が届いたそうだ(そんなことなら2時間サスペンスだって危険だと思うが…)

『アナザヘブン』

も同じく飯田譲治・梓河人のコンビ

飯田譲治は原作・脚本・監督としても有名
外見は一見かなりやばそうなおじさんですw
この他にも

『NIGHT HEAD』 原作・脚本

『沙粧妙子最後の事件』 脚本

『らせん』 監督

なんかが有名です
一つ位は見たことあるのでは?
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。