--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'11.06.23:18

本屋の楽しみ方

何とか熱も下がってやっと布団から這い出れるようになりました
いつもの事とはいえ、扁桃腺からくる高熱は辛い…
最高で38.8℃を記録(猛暑の天気予報じゃあるまいし)
頭痛、嘔吐、咳、体の節々の痛みとダルさでどうしようもない状態から抜け出すと健康は素晴らしいと実感できますねぇ…(しみじみ)

病状の話はこの辺で今日は本屋の話
利休は本屋が好きなのでほっとけば1時間でも2時間でも平気で時間が過ぎてしまいます(本屋にはいい迷惑でしょうが…)
紀伊國屋みたいな大型書店なら一日中でもいられるんじゃないかってぐらいです

最近はどこの本屋さんでも目立つのが店員さんの手による手書きのPOP
今は本屋のPOPで売れ行きが左右すると言うぐらいの影響力があるそうで、全国の書店販売員の選ぶ 『全国書店員が選んだいちばん!売りたい本 本屋大賞』 というものまでできたぐらい(ちなみに2005年度受賞は恩田陸「夜のピクニック」、2004年度受賞は小川洋子「博士の愛した数式」

数年前「白い犬とワルツを」が日本ではそれほど有名でなかったところをある書店の手書きのPOPで一躍話題の本にしたというのは有名な話です
もちろん手書きのPOPが付いてるからといって全てが面白いとは限りませんが購入するときの参考にしてみてはいかがでしょう

最近の大型書店の中には販売している本を読めるベンチや椅子があったりCafeが隣接しているところも
映画「You Got Mail」に出てきたような書店もちらほらと見られるようになりました
外苑前駅近くにある「ON SUNDAYS」はまさにそんな感じ
「ワタリアム美術館」のミュージアムショップなので画集や写真集も豊富なので興味がある人は是非足を伸ばしてみてください

ワタリアム美術館&ON SUNDAYS http://www.watarium.co.jp/
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。