--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'11.20.20:37

恵比寿講

昨日の夜は友達に誘われて一緒に桐生の西宮神社の 「恵比寿講」 に行ってきました
恵比寿講に行くのははじめてで一体何の祭りなのかもわからないまま連行されました
夜8時頃に神社に到着
さ、寒い…とにかくひたすら寒い…
参道というか屋台の出ている道から神社の境内まで長い階段を運動不足の体に鞭打って登りきるとそこには見慣れぬ光景が…


境内内の櫓に恵比寿様の面を着けた数名の人とそれに群がる大勢の人達


恵比寿様の面を着けた人が釣り竿に吊るした餅を取ることが出来ると幸運に恵まれるそうで皆必死で手を伸ばして取ろうとしてました

私たちはその群れを横目で見つつ枡酒を飲んで寒さを紛らわせてましたがw
戻るときには結構酒が回って急な階段が危なかった(汗

恵比寿講は毎年11月の19、20日に行われる商売繁盛・家内安全を祈願するお祭り
露天には熊手やお宝と呼ばれるお飾りが売られています
今回参加した19日は 「宵祭」、20日は 「本祭」 と呼ばれるそうです
スポンサーサイト
日常の出来事トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。