--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'11.29.00:56

ハウルの動く城

今会社の人から借りたDVD見終わりました
借りてきたのは、つい最近発売になった

『ハウルの動く城』

なんとなくジブリものは今までほとんど見てますが今回は駄作っぽい…
「ハウルの動く城」は ダイアナ・ウィン・ジョーンズ という人の 「ハウルと火の悪魔」という本が原作だそうです
今回に限ってなんで自分で原作しないで人の話使ったんだろう…なんか子供向けファンタジー絵本って雰囲気で苦手…(ハリーポッターも苦手なぐらいだし)
いつもは海外でも好評価の宮崎駿ですが、「ハウルの動く城」に関しては酷評されることもあったらしいが、実際に見てそれも納得
個人的に一番酷かったのが声優人
いつも俳優・女優を登用してますが、今までは映画を見て声を聞いてもそれほど本人のイメージは浮かばなかった
それなのに…今回は本人のイメージしか浮かばない…
倍賞千恵子、木村拓也、三輪明弘…あまりにも前面に出すぎて面白味がなかったなぁ
話題性のためなのか、それとも監督の好みなのか知りませんが、あまりにも有名な人を使うのも考えもの
自作はもう少し面白いのを期待したいところです
スポンサーサイト
映画トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。