--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'12.03.18:57

プロファイル

ここ最近幼児が惨殺されるという痛ましい事件が立て続けに起きてますね…
一度事件が起きると模倣というわけではないだろうけどはじめの事件がトリガーにでもなったかのように似たような事件が続く
今週の報道番組は一週間ほとんどが幼女誘拐と耐震計算偽造で終わった

報道番組でよく見かける顔や声を変えてのインタビュー
匿名なのをいいことに随分とあやふやな証言が多いなと思う
広島で起きた事件が犯人逮捕されたあとの近所の住人の証言にしても
「外国人が小学1年生ぐらいの女の子と話していた」
「外国人がアパートの前でチョコレートを食べていた」
殺害されたのが小学1年生で段ボール箱からチョコレートの包み紙が見つかったのがわかってるからそう言ってるんじゃないの?と思わずにはいられない
報道によれば女の子は小学1年生にしては大きいほうだったそうだし、遠目に何かを食べてるのを見てチョコレートと断定できるんだろうか…
もしかしたら目撃したときに本当にそう思ったのかも知れない…でも報道で与えられた情報で記憶を婉曲させてるんじゃないだろうか…
ともあれ犯人が捕まったのは何より
被害者のご冥福をお祈りします

ワイドショーで凶悪犯罪を報じるときに付き物なのが心理学者や精神分析医
外国ならばプロファイルという手もあるんだろうけど現在日本には存在しません
それはなぜ?
ある本によるとプロファイルとは才能でも技術でもなく統計学だそうです
要するに多くの猟奇犯罪や性犯罪のデータを元に傾向を探し出すもの
日本には絶対的にデータが少ない
そしてもう1つの理由
それは日本が単民族国家であること
アメリカのように多民族国家ならば、「このタイプの事件には白人の犯人が多い」などある程度大まかに絞り込むことができるが単民族国家ではそうもいかない
また映画やドラマではプロファイラーは犯人の心理を読み心を覗くように描かれるが実際はまったく違うそうです
極端に言ってしまえば犯人が何を考えてようが知ったことではない
大事なのは犯人の容姿など外見上の特徴を読み取ること
ドラマや映画、心理学者や精神科医は幼い頃に虐待を受けたなんてことをやたら強調しますが、そんな外から見てわからない特徴は犯人逮捕の大した役には立たない
プロファイリングの意味は犯人の顔をデッサンするといったような意味だったそうですよ
スポンサーサイト
思ったことトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。