--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'03.05.21:18

週末映画

今週末は懐かしい映画をDVDで観てみました

『ファンシイダンス』

監督:周防正行
出演:本木雅弘、鈴木保奈美、竹中直人、他
製作が1989年だから今から17年前の映画か…
周防正行監督といえば 「Shall We ダンス?」 で一躍脚光を浴びて、その後ハリウッドでもリメイクされましたねぇ
この 「ファンシイダンス」 はその後の 「シコふんじゃった。」 「Shall We ダンス?」 には欠かせない定番メンバーが出てます
竹中直人、田口浩正、徳井優などなど…
その他にも脇役で柄本明、宮本信子、大槻ケンヂ、大杉漣、蛭子能収なんかも出てます
大杉漣は最初のほうの1シーンのみ、蛭子能収にいたってはセリフすらなく見つけるのが困難なぐらいw
そんな数多い出演者の中でも今回改めて観て笑ったのが、物語の中でも比較的中心人物の修行僧(付き合ってる寺の娘と結婚するために修行中)役が

「味のIT革命やぁ!」

でお馴染みの

彦摩呂

だったことw
今よりかなり痩せてますw

ストーリーは寺の跡取り塩野陽平(本木雅弘)は弟の郁生(大沢健)と一緒に実家を継ぐために恋人の赤石真朱(鈴木保奈美)を残して山寺で1年間の修行をすることになる
陽平と郁生を同時期に入山した英峻(彦摩呂)、珍来(田口浩正)と共に意地の悪い古参・光輝(竹中直人)らにいびられながらも1年の修行を終えるが…

何も考えずにただ楽しむために観れるのでお勧めです
スポンサーサイト
映画トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。