--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'03.24.15:35

Missing

本多孝好著 『Missing』 読了


2001年発行 「このミステリーがすごい!2000年版」 第10位
第16回小説推理新人賞受賞作 「眠りの海」 を含む処女短編集。

5編の短編を収録した短編集
「このミス10位」「推理新人賞」 という宣伝文句で買ってみたもののあまり本格的なミステリーといったものとは趣きが若干違う雰囲気
殺人があって犯人は誰だ?っていうタイプではないが、なかなか面白かった
収録されている5編は

「眠りの海」
幼い頃両親を事故で亡くし、他人との関わりをできるだけ持たないように生きてきた教師が教え子を関係を持つが車に同乗中事故で教え子だけを死なせてしまう
後悔と懺悔から自殺を計るが死に損ない少年に海岸で助けられる
少年と話をするうちに彼は昔の記憶を思い出す…

「祈灯」
大学生の妹が家に連れて来た女友達「幽霊ちゃん」は過去に妹を目の前で事故で亡くしていた
それ以来彼女は死んだのは姉の自分と思い込み妹の人格として生きていた
他人には無関心、自分の両親に対しては悪意を向ける「幽霊ちゃん」
それは妹を愛していたためなのか、死なせてしまったことへの後悔なのか、それとも…

「蝉の証」
老人ホームにいる祖母から頼まれたのは同じホームにいる老人の調査
その老人の下にはたびたび柄の悪い若い男が訪ねてきていた
祖母はそれを悪い孫が金をせびりに来ているものと思い心配していた
調査をはじめると柄の悪い若い男は老人に頼まれて1人の女子高生を見張っていることがわかる
彼はなぜ女子高生を見張らせているのか…

「瑠璃」
自由奔放な4つ上の従姉妹・ルコ
ルコに対して淡い恋心を抱きつつも互いに結ばれることなく大人へなっていく
いずれルコは他の男性を愛し結婚する…

「彼の棲む場所」
10数年振りに連絡のあった同級生は当時から成績優秀、容姿端麗の人気者
現在は大学の先生でありながらテレビにも出演する文化人として有名になっていた
特に仲が良かったわけではないが、学生時代に起きたある事件で彼とは他の人とはないつながりがあった
誰にでも好かれ、教養もあり、常に正しい彼の心に棲む狂気とは…

「眠りの海」と「祈灯」はミステリーらしい作品
個人的には「瑠璃」が印象に残った
短編らしく読みやすいが少々物足りない感があるのは仕方ないか…
スポンサーサイト
トラックバック(4)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

聞いてきた人は同い年くらいの女性で、たぶん地方からでてきた人なんだと思うよ。大きなバックを持ってたからその日が初東京だったんじゃないかなぁ・・・・(・∀・)ニヤニヤ

2006/03/26(日) 02:40:48 | マズイ・・・・絶対太ってきてる・・・・自分の生活を振り返ったら太る要素ばかり・・・・このままじゃマズ

前に一度遊んだ事あるけどォヤラレてバイバイされる感じそこに愛を求めちゃ後で泣きを見るって感じ(笑)

2006/03/26(日) 20:45:26 | 私、本気で終わってるかも。

最近、ニュース番組にクギづけです。あの素敵なオジサマが見たくて(照笑)背広姿がリリしくて(*´д`*)ハァハァメガネが愛らしくて(*´д`*)ハァハァ会津弁がカワイくて(*´д`*)ハァハァ

2006/03/27(月) 13:36:27 | erena

中学生の相手をするのは大変w私だって教師である前に一人の女。恋もしたいし、たまには抱かれたいですw

2006/03/29(水) 09:38:25 | 奈保美先生

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。