--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'04.06.00:52

暗いところで待ち合わせ

乙一著 『暗いところで待ち合わせ』 読了


2002年発行の書き下ろし小説
視力をなくし、独り静かに暮らすミチルと職場の人間関係に悩むアキヒロ
駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせる
犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅にうずくまる生活をはじめる
他人の気配に怯えるミチルは、身を守るため、知らない振りをしようと決める
そんな奇妙な同棲生活が始まった

一風変わった雰囲気のミステリー
登場人物が極端に少なく設定もミチルの家とその周辺のみなのでかなり読みやすい
作者の乙一は私と同い年とのこと…
あとがきに書いてあったことだが 「死にぞこないの青」 を執筆中に織り込もうとしていたアイデアを独立させて一冊にしたのがこのストーリーだとか
「死にぞこないの青」 も合わせて読んでみては如何?
スポンサーサイト
トラックバック(1)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

さて、授業を始めます。先週は、新入生オリエンテーション、歯科検診、部活動説明、身体測定等新一年生、担任にとっては忙しい一週間でした。そんな中でも私の楽しみの一つでもある身体測定。ww

2006/04/19(水) 18:39:34 | 奈保美

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。