--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'04.17.00:36

荻原浩『噂』 読了


2006年発行のサイコ・ミステリー
作者の荻原浩は2005年に 「明日の記憶」 で山本周五郎賞受賞

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」
渋谷を拠点に街に流れる都市伝説
実際には新ブランド・ミリエルの香水を売り出すために広告会社がモニターの女子高生に流した噂だった
噂は噂を呼びミリエルは順調に販売数を増やしていた
しかし、実際に少女が足首を切られ惨殺される事件が発生する

主役となるのは事件を追う刑事2人
女房と死別し娘を男手1つで育てる叩き上げの刑事と旦那を亡くしシングルマザーとして息子を育てるキャリア女刑事のコンビ
作られた都市伝説から殺人事件が起きるというストーリーは面白かった^^
犯人を追いつめ明らかにしていく部分に多少の物足りなさがあるなと思っていたら、宣伝文句にもある「衝撃のラスト一行に瞠目!」のとおり最後に意外な落ちがあって良
結構お勧めの一冊
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。