--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'04.19.01:29

天使に見捨てられた夜

桐野夏生『天使に見捨てられた夜』 読了


1997年発行のハードボイルド・ミステリー

女性探偵村野ミロシリーズの第2弾
ミロの元に持ち込まれた1本のビデオ
内容は若い女性がレイプされるアダルトビデオだった
ビデオを持ち込んだ渡辺房江はミロの父・善三の親友の弁護士・多和田の友人だった
房江はこのビデオが演技ではなく本当のレイプだと主張し、その疑惑を解明するために出演している女性・一色リナを探して欲しいとミロに依頼する
ミロは隣人のゲイバーのマスター・トモと一緒に調査を開始
調査するにつれてリナの暗い過去やビデオ撮影の背景が明らかになっていき事件が発生する…

第2弾ということでミロの人物像も少しずつ明らかになってきてます
人付き合いの不器用な夫に自殺された未亡人
「顔に降りかかる雨」 では会社を退社後、引退して北海道に篭った父の持ち物である新宿の自宅兼事務所のマンションに住む無職という肩書きだったが今作より探偵として働いてます
ミステリーものにつきものの捜査を手伝うパートナーには隣人のホモのトモが登場
ストーリーは前回同様新宿歌舞伎町を舞台にアンダーグラウンドな世界が展開されます
個人的には1作目よりもこっちの方が断然お勧め
内容はドロドロしてますが緊迫感や緻密さで第1弾を上回ってると思いますよ
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。