--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'04.21.00:03

陰の季節

横山秀夫『陰の季節』 読了


2001年発行の短編集 松本清張賞受賞作
D県警シリーズ第1弾
普通の警察をテーマにした小説と違ってこのシリーズは捜査側ではなく人事や監査側が主役
表舞台に出る捜査側とは一風違った観点から事件を追う形は斬新で面白い
横山秀夫といえば映画にもなった 「半落ち」 が有名
内容はどれも硬派で渋い感じではじめに読むのにとっつきにくい感じはあるが読んでみるとどれも秀逸
このシリーズは以前にドラマ化もしていてそっちも面白かった
主役のエリート警視・二渡真治役に 上川隆也
原作のキャラクターとイメージがかなり近くてドラマが先かと思うほどの出来
2時間ミステリードラマとは違った雰囲気でこの先またドラマ化されたときには必見です
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。