--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'05.09.11:45

コールドスリープ

飯田譲治・梓河人 『コールドスリープ』 読了


2002年発行 「ギフト」 「アナザヘブン」 の飯田譲治・梓河人コンビ
並行する世界・パラレルワールドを描いた 「ちょっと長いプロローグ」
カプセルから目覚めるとそこは見知らぬ古い学校の教室…記憶もはっきりしないフジオの正体は…?ショート・フィルム集 「jam Films」 原作でタイトルでもある 「コールドスリープ」
幸せな新婚生活、理想の夫が依頼したのは趣味で集める禍々しい人形のための部屋のリフォームだった
怪しげな2人の作業員、工事中部屋を閉ざし見せようとしない夫の真意とは… 「破壊する男」
偶然に再会した啓太と美菜子、2人は惹かれあうが近づくとどこからともなく降り注ぐ石の雨…その大きさは思いが募るごとに大ききなっていく
少々コメディタッチな 「その愛は石より重いか」

以上の4編収録の短編集
「アナザヘブン」 「NIGHT HEAD」 をイメージして読むとかなり毛色が違くてガッカリするかも…
それ以前に、ろくに見ずに買って読むまで短編集だとも気づきませんでしたがw
個人的には 「アナザヘブン」 のようなちょっとダークな色合いの方が好きかなぁ
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。