--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'05.30.21:37

半落ち

横山秀夫『半落ち』 読了


2006年発行
アルツハイマーを患い記憶を失っていく妻を殺害し、自首した現職警察官・梶総一郎
殺害の動機、経過の詳細については素直に自供する梶だったが犯行から自首するまでの2日間については頑なに口を閉ざす
梶が供述を拒む2日間彼は一体何を想いどこで何をしていたのか…?
なぜ妻のあとを追わずに生きて自首したのか…
49歳の梶が書いた「人生50年」の書と取調べ中呟くように言った「あと1年…」には一体どんな意味が…

タイトルの半落ちは取調べで全て自供する「完落ち」に対し、完全には自供しない状態のこと
物語は初めに梶を取調べする刑事・志木、担当検事の佐瀬、スクープを狙う新聞記者・中尾、梶の弁護を引き受ける弁護士・植村、アルツハイマーの父をもつ裁判官・藤林、そして収監先の刑務官・古賀と視点は移り変わる
過去に息子を白血病で亡くした仲の良い中年夫婦
その温厚な警察官である夫が起こした嘱託殺人
最後に明かされる空白の2日間の真相と梶の想いは読んでいて感動ものです
仲の良い夫婦や子供のいる人には特にお薦めの一冊
映画の方は多少省いてあるものの原作に忠実で良
配役もはまっていて見る価値ありです
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

アネモネ

早速のコメントありがとうございます。
感謝です。

「半落ち」・・中々考えさせられるテーマですよね。
映画版観たことないので今度レンタルで借りてみます♪

2006/06/02(金) 03:12:30 | URL | [ 編集]

國東螢介

お薦めなのでお暇なときに是非観てみてください^^

2006/06/12(月) 21:50:33 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。