--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'08.19.21:34

スーパーサイズ・ミー

前からずっと見たかったDVDをとうとう見ました
そのタイトルとは…

『スーパーサイズ・ミー』

何年か前のアメリカのドキュメンタリー映画で監督自ら30日間ファーストフードを食べ続けるとどうなるか実証するというもの
アメリカで10代の女の子がマクドナルド(以下マック)を食べ過ぎて肥満になりマックを相手に訴訟を起こしたのがそもそものきっかけ
本当にファーストフードの食生活は体に悪いのか?
監督のモーガン・スパーロックは事前の検診では健康そのもの
彼女(映画内にも出てくる)がベジタリアンのシェフなこともあって体調には元々気を使っていたらしい
この映画を撮るに当たってのルールは
1.毎日3食必ず食べる
2.マックで販売しているもの以外は一切口にしない(水も含む)
3.ずべてのメニューを一度は食べる
4.1日2000歩以上歩かない
5.店員にスーパーサイズを勧められたら断らない
この5点
日本では聞きなれないスーパーサイズはLサイズよりもさらに1ランク上の馬鹿みたいにでかいサイズのこと
撮影が始まると日を追うごとに見る見る不健康に…
体重は増加し、定期健診での数値はありえないぐらいに変動
20日を過ぎたあたりからドクターストップがかかるものの最後までやり遂げたところはおみごと
なんとなくお笑いのような内容に思われがちなテーマですが、詳細なデータや多くの取材を盛り込んであってドキュメンタリーとしては秀逸
ファーストフード業界だけでなくアメリカの学校給食の実態なんかも取り上げていて面白い
実はこの映画、反響が大きくマックではサンダンス映画祭に出展されてからスーパーサイズを廃止にするほど(マックは映画との関連性はないと発表してるそうですが…)
話題に取り上げられたマック側は映画内での取材に関しても徹底した無視
妨害や圧力はなかったそうだが完全に沈黙を守ってたそうです
非難・中傷が目立つ攻撃的なマイケル・ムーアのドキュメンタリーとはちょっと違ってこっちの方が面白かったかな
是非是非皆さんもお暇なときにご覧になってあそばせ

監督のインタビュー http://event.entertainment.msn.co.jp/supersizeme/
スポンサーサイト
映画トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。