--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'08.29.22:22

龍時

野沢尚『龍時 01-02』 読了


2004年発行
家族との葛藤や友情を描いた青春小説となってますが簡単に言ってしまえば無名の高校生が海外に渡り成功をしていくというサクセスストーリー(端折り過ぎ)
サッカーが好きな人以外はきっとというか間違いなく楽しめません
試合や練習シーンではひたすらフォーメーションや戦術なんかが出てきて小説というよりはシュミレーションのような感じ
サッカー好きかよほど暇な場合以外は特にお薦めしません
01-02から03-04までの3冊があるようなので一応最後まで読むつもりですが多分ここに書くことはないだろうなぁ…
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。