--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'08.29.22:39

FINE DAYS

本多孝好『FINE DAYS』 読了


2006年発行
本多孝好の最新刊
表題にもなっている 「FINE DAYS」 を含む4編の短編集
4編中 「FINE DAYS」「イエスタデイズ」「眠りのための暖かな場所」 の3編はどれも若干ファンタジックな内容であまり好きな類ではなかったので残念
最後の 「シェード」 は短編映画のような上手くできた作りでなかなか良
全体的に好きでないものの方が多かったものの概ね満足といってもいい内容でした
はじめて本多孝好を読むなら 「MISSING」「MOMENT」 をお薦めします
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

美菜美

先日は遊びに来てくださりありがとうございました。
もしやと思いましたが、ですね<意味わかんねー★

本田孝好、少し前読みました「MISSING」を、
が、あっさりしてて記憶に残っておりません(哀
どうやら、脳みそいっちゃってるわたしです。
高村薫は数年前まで男だと思っていたし、
今、何かと深刻な時期なのに読んでいる本は
中場利一 「一生、遊んで暮らしたい」でございます(自爆)

2006/09/01(金) 00:13:02 | URL | [ 編集]

國東螢介

たしかにあっさりはしてますねぇw
本の内容忘れて同じ本2冊買っちゃったりしてる私は既に末期症状です(涙
「一生、遊んで暮らしたい」夢のようですww

2006/09/01(金) 02:50:55 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。