--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'09.06.22:24

帝王の切開?帝王が切開?

今日はどこもかしこも秋篠宮家男児出産のニュースでもちきり
街には号外も出て国を挙げてのお祝いムード一色でした
皇室全般にまったく興味のない私ですが出産が無事だったのは何より
なんでも帝王切開で出産したのは皇室でははじめてのことだとか

この帝王切開ですがなぜに帝王?と思った人も多いのでは?
実はこの語源は意外と間抜けなもの
元々「切る」という意味のラテン語 caesarea
これがドイツ語に訳される際にどういった手違いか caeser に誤植
caeser といえば、かの有名な ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)
カエサルといえば帝王・皇帝
だから帝王切開
といった冗談のような話が広辞苑にも載っていたそうですw

ただし、この説はどうやら真実じゃないらしく、後に広辞苑改編の際に変更されたとか
ここまで聞いて本当の由来を知りたくなった方は下記サイトに詳しく説明が載ってますので読んでみると面白いですよ
錬金屋の辞書 http://home.att.ne.jp/wind/alchemist/dict/sakuin.html#ta
スポンサーサイト
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。