--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'07.22.21:12

傲慢

昨日久々に映画をレンタルしてきたので今日から3日間は映画のお話
今回借りたのは『HOTEL』『ドッグヴィル』『スチームボーイ』の3本
まず1本目は

『ドッグヴィル』
主演:ニコール・キッドマン
監督:ラース・フォン・トリアー

プロローグと9章のエピソードで構成された舞台風映画
全編にわたって1つのセットで物語が進行する
町と言っても建物はなく白い線で家の境界線や道が書いてあるだけでその中に最低限の家具が置いてあるだけの殺風景なもの
ハリウッド映画の豪華なセットの対極的な作りで面白い

ストーリーはアメリカロッキー山脈山麓の寂れた小さな町ドッグヴィルにグレース(ニコール・キッドマン)が逃げ込んでくることことからはじまる
グレースはギャングに追われているが町の青年トムの協力を得て条件付で匿ってもらうことになる
条件は2週間で町の全員に気に入られること
そのためにグレースは町の人々のために色々と仕事を手伝うことで打ち解けていこうとするのだが…
この先は自分の目で見てくださいw

監督ラース・フォン・トリアーはビョーク主演の『ダンサーインザダーク』で一躍有名になったがこの作品も同じように救いのない内容…
人の傲慢さと悪意に満ちた展開でハッピーエンドは程遠く見た後にものすごく後味の悪い印象が残る
同じ監督の映画なら『奇跡の海』が一番お薦め
おそらく『ドッグヴィル』が一番一般うけしないかも…
Sっ気・Mっ気のある方、どっぷり気分の沈みたい方には是非お薦めですがw

個人的にはなかなか満足の1本でした

あまりに奇妙すぎる撮影現場撮影風景だったために撮影中に出演者たちが追い詰められていく姿を映したメイキング
『メイキング・オブ・ドッグヴィル ドッグヴィルの告白』
というのも出ているので合わせて見てみてはいかがでしょう
スポンサーサイト
映画トラックバック(1)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

さるおです。 『DOGVILLE/ドッグヴィル』を観たよ。すごいね。この映画はすごい。 監督は『THE KINGDOM/キングダム』シリーズ、『BREAKING THE WAVES/奇跡の海』『DANCER IN THE DARK/ダンサー・イン・ザ・ダーク』のデンマーク人、ラース・フォン・トリアー(Lars von Trier)

2005/08/07(日) 23:13:42 | さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。