--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'02.10.22:10

陽気なギャングが地球を回す

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』 読了


2006年に映画化もされた一冊
井坂幸太郎の本を読むのは「ラッシュライフ」に続いて2冊目ですが、今回はまったく違うタイプのコミカルなサスペンスもの
「ラッシュライフ」を読んだ時にも面白い文章を書く人だなぁと思ったが、今回に関しても健在
特に癖のある登場人物同士のやり取りは気楽に読むにはもってこい
ストーリーに関してはこれといって惹かれるものはないものの独特の文章や会話のやり取りだけでも十分に楽しめます
映画の方は見ていませんがキャストを見た感じではそれなりに面白いのかも
わざわざ新刊で買うほどではないにしろ中古で読む分には満足の一冊
ハードカバーでは既に続編も出ているので文庫化されたらそのうちに読んでみようかな…
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。