--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'02.21.18:54

アフターダーク

村上春樹『アフターダーク』 読了


流石は村上春樹! 期待は裏切りません
前作に負けず劣らぬ駄作っぷりw
内容は一言で言えば特に大きな出来事は何も起こりません
そして毎度のことながら何も心に残りません…
おそらく愛好者の方々は「わかる人にしかわからないんだよ」なんてことを言ってることでしょう
そういう人に限って自分の都合のいい解釈を作者の意図だと決め付けたりするんですがw

村上春樹の小説の印象は今回も変わらず
「無意味に格好つけた小説」
回りくどく意味のわからない比喩表現
海外の音楽、文学、映画、俳優等々の名前をやたら出したがる
何の必要があるのかわからない章の合間に入る絵(今回は時計)
そして、今回は明らかに意図された中途半端な終わり方
まさに春樹流全開です

好きな人は好きなんでしょうけど、嫌いな人はとことん嫌いでしょうね
私は大嫌いです♪
大嫌いゆえに読んで笑わせてもらってますけどねw
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。