--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'03.05.19:30

テロリストのパラソル

藤原伊織『テロリストのパラソル』 読了


1998年発刊 第41回江戸川乱歩賞・第114回直木賞受賞作
アル中バーテンダーの島村は、過去を隠し二十年以上もひっそり暮らしてきたが、新宿中央公園の爆弾テロに遭遇してから生活が急転する。ヤクザの浅井、爆発で死んだ昔の恋人の娘・塔子らが次々と店を訪れた。知らぬ間に巻き込まれ犯人を捜すことになった男が見た真実とは…。
といった内容です

史上初の乱歩賞&直木賞W受賞作ってことですがミステリとしてはそこまで魅力的でもなかったような…
全共闘世代の人間にはなかなか現実的で受け入れやすかったのかも(反する人も同じぐらいいそうですが)
正直なところ爆弾テロの時点で犯人がわかっちゃったので若干物足りなかったですが…
ただミステリ要素以外のストーリーはなかなかに良
ミステリではなくハードボイルド小説として読む分にはお薦めかもしれません
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。