--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'03.06.23:08

しょっぱいドライブ

大道珠貴『しょっぱいドライブ』 読了


2006年発刊 第128回芥川賞受賞作
表題にもなっている受賞作「しょっぱいドライブ」と「富士額」「タンポポと流星」の3編

何と言うかものすごく微妙な作品…
色々な読者さんの評価は概ね低く、芥川賞受賞に否定的な意見が大半
全体通してだらだら感というかゆる~い雰囲気に耐えられない人が多いようですが個人的にはあまり嫌いじゃない感じ
純文学的価値は低いのかもしれませんがそんなことはどうでもいいこと
純文学はこうあるべしと声高に語る人は、勝手に純文学を読んでいるという自分に酔っていればいいのです
心に残ることも面白いといった感想もないですが嫌いではないといった感じの小説
あまり人に薦めることはできませんが読んでみるのも良いかもしれませんよ
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。