--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'09.03.22:52

影踏み

横山秀夫『影踏み』 読了


今年のはじめに文庫化された横山秀夫の最新刊
いつも警察関係やその周りのマスコミ等に主観を置いている作者が今回は犯罪者側に主観を置いた一作
今まで横山秀夫の本を読んでいて外れたことがなかったのに今回はちょっと残念…
いつもリアルで重厚な内容の小説を書く作者にしては今作品はやや異質
面白くないという訳ではないのだけど横山秀夫を読んだという気があまりしない
短編連作だったのも災いしたのかな…
多分この人が好きな人たちの中でも意見が二分したんじゃないかな
次はまだ読んでいない 「クライマーズハイ」 に期待
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。