--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'09.03.23:12

インストール

綿矢りさ『インストール』 読了


ずっと前から読もう読もうと思っていながらなかなか読む機会がなかった一冊
綿矢りさ といえば2004年に 「蹴りたい背中」 で芥川賞を最年少で受賞して当時大分話題になってましたねぇ
見た目も普通の今の子で可愛らしく、こんな子が文学作品書くんだなぁと思ったもんです
このインストールはそれより遡ること数年、彼女が17歳のときのデビュー作(この作品でも第38回文藝賞受賞)

まず読んでみて感じたのはすごい17歳だなぁという感心
文章力・構成力・展開力全てにおいて17歳でここまで書けるもんなのかと思ってしまう
作家である以上は年齢や経歴なんて関係ないと言う人もいるでしょうし、確かにそのとおりなんですがね…で
も思い出してみてくださいよ、自分の高校時代の作文を
そりゃもうコレ読んだあとじゃ恥ずかしくてそんなもん見れたもんじゃないですよ(w

この本をこれから読むという人は一つ注意して欲しいことが…
これは2001年に書かれたものだという事
今読むと内容的に珍しいテーマではありませんが当時はなかなかに斬新なテーマだったんですよ
作者の年齢なんかを無視しても読みやすくて面白い一冊です
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。