--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'09.05.19:43

時代小説にあらず?

宮部みゆき『震える岩 -霊験お初捕物控-』 読了



久々に宮部みゆきの時代物(?)を読んでみましたが、あいかわらずやたらと軽い…
よく言えば時代物好きじゃなくても読み易く書かれてる
正直言えばこれは時代物じゃないと思いますねぇ…
ただ前振りで江戸時代ですよと言ってるだけで時代小説らしさはほぼ皆無です
まぁ元々時代小説作家じゃないからしょうがないかもしれないですけどねぇ…その割にはこの人やたら時代物書きたがるような…
怪奇系なストーリーでリアリティがないから余計にそう感じるのかな…
一応コレの続編も読みましたがそっちはさらに酷いので割愛させていただきますよ
とりあえず時代物好きな人は読まないことをお勧めします
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。