--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'07.30.22:11

史上最強の生物

最近気になっているもの

それは 『クマムシ』

何それ?とお思いの方も多いことでしょう
そう!知名度まったくなしの生き物です
クマムシは虫ではなく緩歩(かんぽ)動物(ゆっくり歩くため)という生き物の一種
緩歩動物は大体世界に350種、日本30種ぐらいいるらしいが、他の動物との類縁関係がわからない、ある種謎の生き物…
そんなクマムシが気になるのは、実は彼らが史上最強の生物だから!
どれぐらい最強かというと…

①乾燥状態で100年は生きられる
②ほぼ絶対零度-272 ℃~151 ℃まで耐えられる
③放射能57万レントゲンに耐える(人は500レントゲンでほぼ死ぬ)
④真空状態にも耐えられる
⑤6000気圧の中でも90%生き残る

そう!彼らこそ史上最強の生物!w
なのに地球の支配者にならないのはなぜか?
それは体長が50μm~1.7mm位しかないからw
1㍍あれば地球はクマムシのものだっただろうに…

彼らは5億3千万年前から生存していたらしく、今でも草むら、地中、水辺、海岸や北極、熱帯、深海、温泉の中にまで生息しています
なぜか泳げないくせに水棲(理不尽な…)
つまり、そこら辺の土を掘り返せばうじゃうじゃいるってことですw
運がよければ1㍉ぐらいのクマムシを見れるかも?w

詳しく知りたい人は↓へ
http://kumamushi.org/
スポンサーサイト
思ったことトラックバック(1)  コメント(2)
Next |  Back

ぽよぽよ小町

d(-_☆) ナイス!
私も見習おう。
クマムシ師匠ぉ~ww

2005/07/31(日) 07:28:53 | URL | [ 編集]

利休

殺しても死ななくなるのか…w

2005/07/31(日) 22:17:04 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://blogs.yahoo.co.jp/chydorus こっちと同

2005/08/19(金) 11:18:10 | ミジンコ研究会とマイナーな生き物

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。