--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'08.13.23:07

夏休みの読書案内

夏休み中に読みたい本
といっても夏休み推薦図書ではないですw

『怖るべき子供たち ジャン・コクトー』
『見知らぬ妻へ 浅田次郎』
『大和古寺風物詩 亀井勝一郎』

時代もジャンルもバラバラ…(まったく節操なしw)
ジャン・コクトーは1900年代中盤から後半にかけて活躍した詩人だが、詩だけでなく小説や演劇、映画や絵画など多彩な才能に恵まれたフランス人芸術家。
彼は作家のレイモン・ラディゲや俳優のジャン・マレーと同性愛の関係にあったことでも有名
浅田次郎といえば「鉄道員」や「壬生義士伝」などで有名。
この「見知らぬ妻へ」もそうだが基本的には短編物が多いので読みやすい人も多いかも
亀井勝一郎明治生まれの作家
古典的な日本の美意識や信仰などを綴った人で、興味がない人にはまったく面白くないかもしれない…

目標は休み中にこの3冊読破!
まったりいくとしますかw
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。