--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'08.28.20:51

どうしようもない人々 その2

昨日今日とテレビを見て改めて思ったこと
日○レの24時間テレビほど無駄なものはない
以前からずっと思ってたことだが、こんな番組に多額の予算つぎ込むぐらいならはじめから全額寄付してみては?
芸能人がだらだらと走ることに何の意味が?
確かに恵まれない人や身体が不自由な人を世の中に知ってもらうことは有意義かもしれないが、どうしても番組の作り的に見世物にして視聴率を取ろうとしてるとしか思えない
マラソンだって募金箱でも担いで走ってるならともかく、ただ無意味に走ったところでお疲れさん以外に言いようがない
走った本人はなぜか好感度が上がるようだから得してるのかもしれないが…

大体がボランティアや募金なんかは人にお願いすることじゃないと思う
あくまで自主的に行うことで人に言われてやることでもないだろう
人に押し付けがましくお願いしてまで貢献したいなら、まずは自分の資材を投げ売ってからにしてほしいものです

かなり偏った考え方と思われるかもしれないが偽善的であるよりはいいかと思う
スポンサーサイト
思ったことトラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

羅生門桜子

私も常々そう感じていました。
マラソンするようになったのはいつからか・・・。
絶対に必要ないと思うなぁ。

2005/08/29(月) 02:42:25 | URL | [ 編集]

利休

マラソンするぐらいなら24時間介護でもした方がいいのにねぇ…

2005/08/29(月) 23:11:27 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。