--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'09.27.22:23

偉人伝

歴史上偉大な人物といえば電球を発明した「トーマス・エジソン」や有人動力飛行を可能にした「ライト兄弟」、相対性理論の「アルベルト・アインシュタイン」などを思い浮かべることでしょう
たしかに彼らは偉大だ
彼らの発見・発明で人類の生活はより豊かなものになった
しかし!名前こそ残らなかったが偉大な先人は他にも多数いる
私が偉大だと思う人
それは…
『ナマコをはじめに食った人』
ん~どう考えたってあれは普通食おうと思わないだろ…
どう見たってウ○コですよ?
きっと罰ゲームで喰わされたんだろうなぁ…(絶対違う)
その歴史は古く、『古事記』にも食用として載ってるとか
なかなかチャレンジャーもいたもんです
腸を塩辛にして『コノワタ』、卵巣を『クチコ』なんてものにして食う人もいるぐらいですしねぇ
『ホヤ』もそういう意味じゃ凄いな…「海のパイナップル」なんて言われてますが宇宙からの物体Xって感じで、はじめて見た人は絶対食い物だとは思いませんよ

ちなみにナマコは『海鼠』と書くそうです
英語ではなぜか『海の胡瓜』と言われてるそうですが…やはりウ○コにしか見えない…
スポンサーサイト
思ったことトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。