--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'10.12.20:23

本との出会い

久々にすごく興味を惹かれる本を手に入れました
『木島日記』 大塚英志
初めてにしたときは「ん~見たことのない名前だなぁ」と思いつつ作者の紹介文を目にすると
大塚英志:評論家、編集者、漫画原作者
お、作家ではないのか…
主な原作、著書は…
『多重人格探偵サイコ』
お~!この漫画の作者だったのか!
「多重人格探偵サイコ」は一時期はまってて読んだことがある
なかなかグロいが個人的にはとても面白かったなぁ…

この「木島日記」も民俗学伝奇小説ということなのできっと胡散臭さ満載だろうなぁw
昭和初期を舞台とした、オカルト・猟奇事件や昭和の闇のあってはならない物語ということなので楽しみだ
多分夢野久作に近い雰囲気かな…
今読んでる本読み終わったら、じっくり読むとしよう
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 鳴かぬ螢が身を焦がす. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。